色々な薬と瓶と葉
  • ホーム
  • 将来、妊娠する時にアフターピルの影響は出ない?

将来、妊娠する時にアフターピルの影響は出ない?

性行為は多くの動物にとっては単に自身の遺伝子を残すための生殖行為ですが、人間にとっては快楽を伴うこともあり、たとえ妊娠を望まずとも行われることは多いです。
そのため、避妊具というのも世の中には出回っているのです。
ただ、パートナーとのコミュニケーションならまだしも、性犯罪の場合は性行為は突然です。

避妊具など付けてくれるはずはなく、もちろん将来妊娠することなどまったく望んでいないでしょう。
そんなときにおすすめなのがアフターピル・緊急避妊薬です。
避妊を行うことなく性行為を行った、あるいは避妊しようとして失敗したという場合に72時間以内に服用することで妊娠を避けることができるのです。

それなら、性行為をするたびにアフターピルを使用すればよいように思えるでしょうが、アフターピルは女性ホルモンを無理やり体内に入れることで生理を起こさせ不妊状態にさせる薬です。
身体への負担が大きい薬なのでどうしてもというときの最終手段として活用してください。

とはいえ、アフターピルの副作用は頭痛や腹痛・胸の張り・吐き気・嘔吐などであり、たとえホルモンバランスが崩れても将来的には元に戻ります。
それが原因で不妊になったり、後遺症が残るといった心配はないので安心してください。
あくまで一時的な作用だけなのです。
それよりも望まない妊娠をしてしまうことの方が大変ですし、中絶手術により無理に胎児を掻き出す方が体への影響や将来への後遺症が心配です。

妊娠してしまったら産むか中絶するかしか選択肢は残されていないのです。
たとえ今は決まった相手がいなくともどこで性犯罪に巻き込まれないとも限りません。
安易に使ってよい薬ではありませんが、もしものために自分の身体を守るために持っておくべき薬だと思います。

アフターピルは、婦人科に行けば処方してもらえます。
保険が適用されないため高額ですが、たとえ未成年でも処方してもらうことはできます。
生理が始まったら考えてみてください。

ストレスから不妊症になることもある

ホルモンバランスを崩して妊娠しにくくするアフターピル。
服用したときのみである程度したら元に戻るので将来的な影響はありません。
実は、ストレスもまたホルモンバランスを崩す要因になります。
今、不妊に悩む女性が多くなったのは晩婚化のみならず社会に出て働く女性も多く皆がストレスを抱えていることも影響しているのです。

心と身体とは深く結びついています。
特に生殖機能というのは心の作用を受けやすいのです。
それは、生殖ホルモンの分泌をつかさどっている脳の下垂体が、ストレスにも関係する器官だからです。
実は、不妊症で病院に通っている方のうち原因が判明しているのはほんの少数で、原因不明というのが多いのですが、その最も多い要因とされるのがストレスなのです。

視床下部や脳の下垂体といった女性ホルモンの分泌をつかさどる部分は、ストレスが長引くと生命維持を優先するのです。
子孫繁栄よりもまずは自分自身の身体から守るというわけです。
生殖機能というのは生命維持の観点から行くともっとも優先順位の低いものです。
ストレスをまったく感じないで生きていくというのは今の社会では不可能でしょうが、少しでも発散する方法を見つけ出しましょう。
ストレス状態がずっと続くと、排卵障害や無排卵になってしまいます。

ストレスは夜の神経とも呼ばれる副交感神経を抑制してしまうので、血液の流れを悪くしたり冷えをもたらしたりします。
これもまた不妊を引き起こす要因となるのです。
子宮内膜症や子宮筋腫・卵管の炎症といった深刻な病気のリスクも高まります。
今は妊娠を望まないから不妊状態でも良いという方も、将来的には分かりませんし、できれば病気や不調を起こすことなく過ごしたいものです。
日頃の生活を見直してホルモンバランスや自律神経のバランスを整え、いざというときはアフターピルの力を借りて望まない妊娠は回避するようにしましょう。

関連記事