色々な薬と瓶と葉
  • ホーム
  • 低用量ピルは更年期障害の症状にも

低用量ピルは更年期障害の症状にも

緑の錠剤と葉

更年期障害は加齢などの影響によりホルモンバランスが崩れることで様々な症状が生じる時期を指します。
症状の程度については、個人差があり、日常生活に支障をきたす場合もあれば、それほど気にならないという場合もあります。

更年期障害の時期を健やかに過ごすためには、いくつかの方法があります。
まず、医療機関で受けることが出来る更年期障害の症状を緩和する方法として、足りなくなったホルモン補充療法という方法があります。
ホルモン補充療法は、更年期障害の症状を緩和するのに高い効果を期待することが出来る一方で、副作用のリスクもあります。

そこで、人気があるのが低用量ピルを用いる方法です。
低用量ピルは産婦人科などで手に入れることが出来ます。
ピルというと、避妊薬というイメージがありますが、効果はそれだけではなく、生理痛の緩和や更年期障害の症状緩和効果も期待することが出来ます。

低用量ピルには、女性ホルモンが配合されているということもあり、近年は更年期障害に悩んでいる人に対して処方するということも増えてきているようです。
注意しなければならないこととしては、一口にピルと言っても、いくつかの種類があるということです。
種類によって服用方法に違いがありますので、医師の指示に従って服用するようにしましょう。

低用量ピルが適している人としては、更年期障害の症状がそれほど重症ではないという人、閉経をしていないという人です。
配合されているホルモンの量が少ないため、副作用のリスクを気にすることなく服用することが出来ます。
また、低用量ピルを服用することで月経前症候群の改善も期待することが出来ます。

ピルを服用することによって、肥満につながるとも言われていますが、直接的な影響はないとされています。
しかし、女性ホルモンの影響により、何らかの影響を受けている可能性はゼロではありません。
全ての人に現れるわけではありませんので、辛い症状があるという場合には試してみても良いでしょう。

更年期障害になる年齢っていつ?

更年期障害の原因はホルモンバランスの乱れによるものです。
加齢による影響で、卵巣の機能が低下し始める40代前半から症状が見られる事が多いのですが、最近では発症する年齢が若年化しており、20代や30代でも身体や心の不調が見られる場合もあります。

20代・30代の若い世代で更年期障害の症状が見られる原因としては、過度のストレスや自律神経の乱れ、卵巣機能の低下などが影響していることが多いようです。
特に過度のストレスは大きな影響を与えますので、ストレスをゼロにすることは出来ませんが、自分なりのストレス解消方法を見つけるということが必要になってくるでしょう。

若い年齢で更年期障害を発症した場合、そのまま放置しておくと、早発閉経につながる可能性があります。
その結果、不妊症になるなど、様々な弊害が見られる場合がありますので、更年期障害が疑われるような症状が見られた場合には、早めに診療を受けるようにしましょう。

また、その逆で40代や50代には症状が見られず、60代などの高年齢になってから症状が見られることもあります。
更年期障害については、症状が多岐にわたることや発症する年齢が幅広いことから、自己判断が難しいものです。

月経異常やほてり、のぼせ、頭痛、疲労感、手足のしびれなど、更年期障害の代表的な症状が見られた場合には、産婦人科を受診するようにしましょう。
産婦人科を受診する時には、どのような症状がいつから見られるようになったのかなどを詳しく伝えることが出来るように、症状が見られたら、メモなどに残しておくと良いかもしれません。
更年期障害に関わらず、中高年層は体の不調があらわれやすい時期ですので、注意が必要です。

関連記事