色々な薬と瓶と葉
  • ホーム
  • 低用量ピルには色々と種類がある

低用量ピルには色々と種類がある

嬉しく笑う女性

低用量ピルには第1世代ピル、第2世代ピル、第3世代ピルの3種類があります。
また同じような薬ですが月経困難症の治療目的で使われるルナベル配合錠LDとヤーズと言う薬もあります。
ピルには2種類の女性ホルモンが入っています。
女性ホルモンの1つはエストロゲンですべてエチニルエストラジオールが用いられています。

もう1つはプロゲストーゲンで、使われている成分によって世代が分かれています。
また低用量ピルには1相性と3相性の2種類があります。
1相性は同じ用量の女性ホルモンが入った21錠の薬を毎日飲み、3相性は3種類の用量の薬を決まった順番通り21日間飲み続けます。
低用量ピルは21日間薬を飲んで7日間休薬します。
7日間休むと次の1回目を飲み忘れることがあるため、プラセボという何も入っていない薬を毎日飲むことで飲み忘れを防ぐ工夫をしているものもあります。

製品名の後ろに21と書いてあればプラセボがない7日間休むことができるタイプで28とあればプラセボがある毎日飲み続けるタイプの薬になります。

第1世代ピルにはオーソM-21錠があります。
プロゲストーゲンにはノルエチステロンが使われています。
ノルエチステロンは非常に古くから使われているので、特徴が十分にわかっています。
月経困難症治療薬のルナベル配合錠LDはオーソM-21錠と同じ薬です。

第2世代ピルにはプロゲストーゲンにレボノルゲストレルが使われています。
レボノルゲストレルは作用が強く少量でも効果がありますが、男性ホルモン作用もあります。
男性ホルモン作用を最小限に抑えるために3相性ピルになっていて4種類の錠剤を順番に飲む必要があります。

第3世代ピルにはマーベロンがあります。
プロゲストーゲンはデソゲストレルが使われています。
デソゲストレルは作用が強く男性ホルモン作用がないので1相性ピルになっています。
ヤーズは低用量ピルではありませんが、第4世代と言われています。
デソゲストレル同様作用が強く男性ホルモン作用がない上、少量で効果が現れます。
利尿作用があると言われていてむくみに効くと言われています。

自分にあった低用量ピルを選ぶことが大事

低用量ピルの副作用はこのプロゲストーゲンの違いや1相性、3相性の違いによってそれぞれ特徴があります。
低用量ピルを飲み始めたときに、吐き気や頭痛が現れる事があります。
これは主にエストロゲンの作用と考えられていて、どの低用量ピルにも大きな違いはありません。
低用量ピルに慣れてくれば自然になくなっていきます。

同じく、飲み始めには生理の時期ではないのに出血する不正出血や生理がなくなる消退出血の欠如という副作用があります。
これも慣れてくれば自然になくなります。
この副作用は3相性ピルの方が少ないと言われています。
不正出血があると常に生理用品を持っておく必要がありますし、消退出血の欠如が起こると妊娠との鑑別が必要となります。
この副作用を気にする方は第2世代ピルがよいと言われています。

低用量ピルにはにきびの副作用があります。
にきびの原因は色々言われていますが、低用量ピルの男性ホルモン作用もその一つです。
男性ホルモン作用は第2世代ピルが最も強いので、第1世代ピルのオーソM-21錠か第3世代ピルのマーベロンを選ぶ方がよいという専門家もいます。

低用量ピルには死に至る可能性がある重大な副作用もあります。
乳がんなどの女性性器がんと血栓症です。
女性ホルモンは乳腺を発育させる働きがありますが、正常細胞だけでなくがん細胞も発育させてしまいます。
プロゲストーゲンの違いによって乳がんの危険性が変わるかどうか研究がされていますが、まだ結論は出ていません。

血栓症はエストロゲンの血を固める作用が原因です。
低用量ピルに使われているエストロゲンは全て同じものですが、プロゲストーゲンの違いから相対的なエストロゲン量が異なるのではないかと言う意見もあります。
この説では1相性の方が危険性が高いと言われています。

関連記事