色々な薬と瓶と葉
  • ホーム
  • ピルの服用をストップすると妊娠しやすくなる

ピルの服用をストップすると妊娠しやすくなる

笑顔の若い女性

体のことを知り尽くしている女医さんの多くがピルを服用して、望まない妊娠を避けています。
そして、今なら妊娠しても仕事への支障が少ない時期や妊娠したいという気持ちが高まると、ピルの服用をストップして、タイミング良く妊娠・出産しています。

女医さんは、20歳代からピルを服用する人が多いです。
研修医時代は特に激務だし、30歳くらいまでは妊娠したくないという人が多いことや、生理痛が強くて頑張りたい時に頑張れないということを避けるためです。
ピルを服用すれば月経の量も少なくなり、生理痛もなくなります。

生理は、子宮内膜の建築と破壊を繰り返しているのと同じような状態です。
卵胞はエストロゲンを分泌します。
エストロゲンによって子宮内膜が増殖して、厚くなります。
この状態は、受精卵のためのベッドを作っていると考えると良いでしょう。

排卵した卵胞は黄体となり、プロゲステロンが分泌されます。
プロゲステロンはエストロゲンと共に受精卵の着床や発育に備えます。
この状態は、エストロゲンが準備してくれたベッドにプロゲステロンがお布団を敷いていると考えると判りやすいでしょう。

受精した場合は、受精卵はこのベッドとお布団の中で育ちます。
しかし受精しなかった場合は、黄体は退化します。
エストロゲンとプロゲステロンは減少して、子宮内膜が剥がれて体外に排出されます。
これが生理です。
この状態は、ベッドには誰もいないから、布団を剥がしてベッドを壊しているのと同じ状態です。

妊娠しなければ、毎月ベッドを作ってベッドを壊していることになります。
この間、体内のホルモン量は、ジェットコースターのように高まる時期もあれば少なくなる時期もあります。
実はこれは、子宮にも体にも負担になっているのです。
排卵回数が増えれば増えるほど、子宮は傷つき体には負担になっていると考えられています。

無駄な排卵を抑えて子宮の負担を減らすことで、授かりたい時にタイミング良く妊娠することができます。
不妊女性がピルを使って子宮の負担や体の負担を減らし、その後ピルを止めると妊娠することが多いのは、このようなメカニズムがあるからです。

不妊女性は、いったん子宮や体の負担を減らすために、ピルを服用して排卵を抑えてあげることも解決方法の1つになります。
ピルを服用することで、毎月毎月ホルモン量を高めたり減らしたりして頑張っている子宮や体に、少しゆっくりと休暇を与えてあげることになります。

ピルの服用をやめると体内から成分が排出される期間

ピルの主成分はエストロゲンとプロゲステロンです。
これらは体内に分泌されているホルモンで、卵巣から体内に分泌されています。
この2つのホルモンと似た物質を化学的に合成して作られたものがピルです。

エストロゲンとプロゲステロンの分泌が高まっている時が、妊娠状態の時です。
ピルは体を妊娠中に近い状態にして、脳を錯覚させているのです。
脳は、妊娠中だと錯覚するのでホルモンの分泌をお休みします。
休暇を与えたことで、子宮や体は疲れが取れてリフレッシュできるのです。

ピルの成分は、服用を止めると約4日で体内から消えます。
1錠の成分は4日で体外に排出されるので、ピルを中止すればその2~3日後に生理が来ます。

ただし消退性出血の欠如と言って、ピルの休薬期間なのに生理が来ないこともあります。
これは子宮内膜の増殖が抑えられているからです。
そのため、出血量が少なかったり消退性出血がないこともあります。
2回続けて月経が来なかった場合は、妊娠している可能性があります。

もし、妊娠していたことに気がつかずにピルを飲んでいても、胎児に影響を与える心配はまずないので、その点は安心してください。
また、長期間ピルを飲んでいたからと言って、妊娠に対してマイナスの影響を与えるということはありません。
妊娠に向けて環境を整えることで、妊娠の可能性を高めるのがピルです。

妊娠は、色々な条件や環境が整って初めて成立します。
ピルを止めたらと言って、必ず100%妊娠できるという訳ではありません。
しかし、ピルを服用して子宮への負担や体への負担を減らすことで月経周期が整い、妊娠するための良い環境を整えることで、妊娠する可能性を高めることができます。

関連記事